The Art of Computer Programming Volume 1 Fundamental Algorithms Third Edition日本語版
Amazon.co.jpで買う
正誤情報
詳細情報
The Art of Computer Programming Volume 1 Fundamental Algorithms Third Edition日本語版
Donald E. Knuth著、有澤誠 和田英一 監訳、青木孝 筧一彦 鈴木健一 長尾高弘 著
定価:10,584円 (本体9,800円)
発売日:2004年2月18日
形態:B5 (688ページ)
ISBN:4-7561-4411-X (978-4-7561-4411-9)
内容
歴史的な名著『The Art of Computer Programming Volume 1 Fundamental Algorithms Third Edition』の日本語版。
担当編集者より
◆アルゴリズムのバイブル——Knuth先生の名著『The Art of Computer Programming』シリーズの最初の一冊が新訳で登場!

 「私にとって、コンピュータ・リタラシィが重要である。私はコンピュータ・プ
ログラムをエッセイのようにみなしており、いつの日にかその年の最高のプログラ
ムにピュリッツァー賞を授けるようになることを夢見ている」(『クヌース先生の
プログラム論』より)

 Knuth先生は文書整形システムTeX、文字フォント設計システムMETAFONTの開発者
で、「The Art of Computer Programming, Vol.3」初版(1973年)の印刷仕上がり
が不満だったため、9年かけてTeXを開発したということはよく知られています。

 彼は、コンピュータ処理に関する基本アルゴリズムを体系化するとともに、準数
値アルゴリズムとしてコンピュータの内部演算と調和する数値計算の算法を確立し、
コンピュータアルゴリズムの基礎を築きました。
「The Art of Computer Programming」は、その集大成で、世界的な情報科学の教科
書・事典であると同時に、アルゴリズムの本来的な意味と問題を深く洞察したバイ
ブルです。第1巻「基本アルゴリズム」、第2巻「準数値的アルゴリズム」、第3巻
「ソートと探索」、第4巻「組合せアルゴリズム」、第5巻「構文アルゴリズム」、
第6巻「言語理論」、第7巻「コンパイラ」という構成で、現在は 4巻目が執筆され
ています。

 本書は、数値演算の基本アルゴリズムについて解説されています。独自の計算モ
デルであるMIXの解説や、基礎的な概念、情報構造などについての話が非常に厳密に
定義されながら進みます。個々の演習問題にはランク付けされていて、高校の代数
以上の数学知識をもたない読者でも、数学的な色合いの濃い部分は斜め読みして、
全体を把握できるように構成されています。

 なお、本書はThird Edition(1997年刊)に対する翻訳で、用語についても違和感
のないよう配慮しています。また、2003年11月4日までの正誤情報を反映しています。
目次
第1章 基礎概念
1.1. アルゴリズム
1.2. 数学的な基礎
1.3. MIX
1.4. 基本的プログラム技法

第2章 情報構造
2.1. はじめに
2.2. 線形リスト
2.3. 木
2.4. 複数リンク構造
2.5. 動的メモリ配置
2.6. 歴史と参考文献

演習問題の解答

付録A 数表
1. 基本定数 (十進)
2. 基本定数 (八進)
3. 調和数, Bernoulli数, Fibonacci数

付録B 表記法索引


戻る
©KADOKAWA CORPORATION 2015