HTML5マークアップ 現場で使える最短攻略ガイド
Amazon.co.jpで買う
正誤情報
詳細情報
HTML5マークアップ 現場で使える最短攻略ガイド
浜俊太朗 著
定価:2,808円 (本体2,600円)
発売日:2013年12月12日
形態:B5変 (240ページ)
付属品:HTML5カルタ
ISBN:978-4-04-866070-9
内容
そろそろHTML5へ移行したいコーダー、デザイナーへ。
現場のプロによる実務視点の解説で、もう迷わずマークアップできます!
HTML5カルタ付き! 「HTML5タグの誤用で恥をかいた」「分厚い仕様書は読み切れない」コーダー&デザイナーのためのコーディングガイド。現場のプロが新要素や仕様変更のポイントを豊富な実例で解説。
著者
浜 俊太朗(はま・しゅんたろう)
LINE株式会社で働くマークアップエンジニア/ディレクター。ブログ「hamashun.me」はコーディングに限定せずさまざまな話題を扱っている。主な著書に「一週間でマスターするXHTML & CSS for Windows」(マイナビ刊)がある。趣味はカメラとネットゲームと椅子。
担当編集者より
本書は、HTML 4.01やXHTML 1.0を普段書いているコーダーやデザイナーを対象に、
HTML5の最新の仕様書に基づくマークアップ方法について解説した本です。

すでにHTML5の解説書はたくさんありますが、膨大な仕様を網羅した「分厚い本」や、超初心者向けにHTMLの基礎から解説した「入門書」がほとんど。
本書は、大手ポータルサイトでいち早くHTML5に取り組んで来た著者が、実務に追われながら現場で働く方へ向けて、「従来のHTMLとの差」に絞ってHTML5マークアップを解説したものです。

前半では、HTML5の「セクション」や「アウトライン」の考え方から、sectionやarticleなどの新要素の正しい使い方、従来から仕様が変わった要素・属性の書き方まで、100本超の豊富なサンプルコードで実践的に解説。制作現場で迷いがちなタグの使い分け、よくある間違いについても多数例示しました。
後半では、商用サイトを意識したサンプルサイトをもとに、HTML5コーディングの流れと、具体的なマークアップの考え方を、チュートリアル形式で解説しています。

「すでにHTML5で書いているけど、新要素の使い方に自信がない」
「そろそろHTML5を使おうと思ったけど、分厚い解説書や英語の仕様書で挫折した」
そんな悩み持つあなたのための「最短」攻略ガイド。

これからのコーディングに自信が持てる1冊です!

※オマケとして、「HTML5のタグを楽しみながら学べる!」とネットで話題の「HTML5 KARUTA(HTML5カルタ)」特別版が付属します。勉強会や飲み会でぜひ活用ください。
これもオススメ
Web制作の現場で使うjQueryデザイン入門[改訂新版]
標準HTML5タグリファレンス
目次
第1章[導入編]これだけは押さえたいHTML5の基礎知識
 1-1 いまさら聞けないHTML5とは
 1-2 HTML5を使うときに必要な準備
 補講 HTML5マークアップに便利なお役立ちリンク

第2章[入門編]有名サイトで学ぶXHTML 1.0とHTML5の違い
 2-1 XHTML 1.0からHTML5へ移行する第一歩
 2-2 セクション関連要素でセクションを明示する
 2-3 その他の変更点とCSSの適用

第3章[新要素・新属性編]HTML5の新要素・新属性をしっかり理解する
 3-1 HTML5の「アウトライン」と「セクション」を理解する
 3-2 HTML5のコンテンツモデルとカテゴリー
 補講 特別なカテゴリー「セクショニングルート」
 3-3 セクション関連要素
 3-4 セクションに関連したその他の要素
 補講 デザインに合わせたマークアップに注意しよう
 3-5 Web制作でよく使う新要素
 3-6 ルビ関連の新要素
 3-7 フォーム関連の新要素・新属性
 補講 HTML5で廃止された要素

第4章[仕様変更編]意味や使い方が変わった要素・属性を知る
 4-1 コンテンツをグループ化する要素
 4-2 テキストレベルの意味づけに関する要素
 4-3 埋め込みコンテンツに関わる要素
 4-4 その他の要素
 補講 HTML5で廃止された属性

第5章[実践編]実例に見るHTML5マークアップのコツ
 5-1 ブログをHTML5でマークアップ
 5-2 カフェのサイトをHTML5でマークアップ


戻る
©KADOKAWA CORPORATION 2015