社会起業家に学べ!
Amazon.co.jpで買う
書名
社会起業家に学べ!
内容
常識を打ち破る発想と行動力に満ちた、次世代ビジネスの担い手からのメッセージ
「社会起業家」とは、「社会問題を解決するために持続可能な収益モデルを構築する」人たち。欧米ではすでに多くの例があるが、この本では日本でいま急成長している21団体の取り組みを一挙に紹介。
著者
今 一生 (こん いっしょう)
1965年、群馬県生まれ。早稲田大学第一文学部除籍。フリーライター&エディター。広告ディレクションも手掛ける。1997年、『日本一醜い親への手紙』3部作(メディアワークス)をCreate Media名義で企画・編集し、文庫版も含め30万部のベストセラーに。1999年に『完全家出マニュアル』(同)を発表、そこで造語した「プチ家出」は流行語になった。著書に、『親より稼ぐネオニート/「脱・雇用」時代の若者たち』(扶桑社新書)、『プライドワーク』(春秋社)など多数。国内外の新聞・テレビ・雑誌でコメントする一方、自治体・学校・企業等から招聘されて講演活動も行っている。2007年春から東京大学で自主ゼミの講師も務めている。
担当編集者より
社会起業家とは、利益のためではなく社会問題を解決するために、独自のビジネスモデルで事業を興す人たちのこと。
欧米では、30代前半でマイクロソフトの要職を捨て、アジアの貧困国の子どもたちに本や図書館を供給するNGOを立ち上げたジョン・ウッドなど、話題となっている人も多い。ちなみにアメリカでは、07年大学新卒者の人気就職先リストの5位と10位が社会貢献のためのプログラムだというほど、社会事業への意欲は高まっている。

日本でも、元サッカー選手の中田英寿氏など、そうした生き方に共感する人が出始め、「情熱大陸」登場の26歳の起業家・山口絵理子氏らテレビや雑誌で取り上げられる例が増えてきている。彼らの挑戦は、地域再生から途上国支援、生活に身近なワーク・ライフ・バランスや環境保護まで多岐にわたる。
本書では、そうした日本の21団体の取り組みを紹介。それぞれの分野で世の中を変えていこうとする情熱はもちろん、注目したいのは持続可能なビジネスとして、彼らの創意工夫、アイデア、行動力が抜きんでていることだ。既存の社会的な仕組みを超えていく彼らの生き方・考え方は、多くのビジネスパーソンにも示唆を与えるだろう。
目次
はじめに 〜常識を疑う者が、あきらめに満ちた世界を変える

第1章 「社会起業家」とは何か
イギリス発、世界行きのムーブメント
社会起業家は、社会の「仕組み」を変える

第2章 日本の若い社会起業家たち

【地域再生】
●過疎や人手不足など問題山積みの地方を若者の力で活性化する旅館『吉田屋』
●「学生耕作隊」「農山漁村ネットワーク」などを組織し、日本の食糧自給率を上げる『地域維新グループ』
●木更津の経済を活性化させる『チャレンジセンターLET'Sきさらづ』

【キャリア支援】
●愛媛県出身の若者を地元へ根付かせる実践型インターンの仲介業を試みる『Eyes』
●大学生などの「センパイ」による出張授業で高校生の進路選択を支援する『NPOカタリバ』
●学生が自ら尊敬できる大人を発掘・取材し、自発的な「生き方」選択を案内する『キャリナビ』
●架空の町づくりを通じて社会の仕組みを学べるチャンスを提供する『こども盆栽』

【ワークライフ・バランス】
●わが子と一緒に笑顔になれるパパを支援する『ファザーリング・ジャパン』
●授乳服の製造・販売を通じて女性の生き方を解放する『モーハウス』

【農業再生】
●牛を牛らしく育てることで食・農・環境の課題を解消する『シックス・プロデュース』
●「かっこよくて・ 感動があって・稼げる」一次産業を目指す『みやじ豚』

【在日外国人支援】
●在日外国人が賃貸入居する時の問題解決を請け負う『座游』
●外国人向け食材表示を推進し、多文化共生を目指す『インターナショクナル』

【途上国支援】
●おしゃれなバッグを通じて社会貢献を実現する途上国発のブランド『マザーハウス』
●カンボジアの雇用・教育を支援し、児童買春を止める『かものはしプロジェクト』

【環境保護】
●IT技術で省エネシステムを企画・開発する『エコモット』
●中小企業の「環境推進室」を請け負い、「エコから始める一流化計画」を支援する『エコトワザ』
●環境問題へ楽しく面白く取り組める方法を広くシェアする『グリーンズ』
●放置されている音や振動を電力に変換し、エコ社会を作る『音力発電』
●コスプレ打ち水で秋葉原を冷やし、楽しく「エコ萌え」させる『リコリタ』

【NPO/NGO支援】
●誰もが気軽にNGO/NPOに募金できる仕組みを作った『ユナイテッドピープル』

第3章 あなたも、この世界を変えることができる!
社会起業家は、「強い共感」から始まる
常識と思い込みを捨て、新しい仕組みを作れ
下流資産層こそ社会起業家をめざせ

あとがき
■参考資料1
■参考資料2 社会起業家を知るためのブックリスト
書誌情報
今 一生 著
定価:843円 (本体781円)
発売日:2008年6月11日
形態:新書 (264ページ)
ISBN:978-4-04-867187-3


戻る
  • 正誤FAQ追加情報
©KADOKAWA CORPORATION 2013