Windowsデバッグの極意
Amazon.co.jpで買う
詳細情報
Windowsデバッグの極意
ツールを使いこなして、バグハント!
Mario Hewardt、 Daniel Pravat 著/ 長尾高弘 翻訳
定価:9,180円 (本体8,500円)
発売日:2009年4月30日
形態:B5変 (792ページ)
ISBN:978-4-04-867608-3
内容
近年、ソフトウェアは高度に複雑化し、クラッシュやハングなどの問題の原因を追究するのは、ますます困難です。本書では、開発者が解決すべきエラーに対して、最も効果的なツールとその使い方を詳細に解説します。
著者
Mario Hewardt、Daniel Pravat
Mario Hewardt(マリオ・ヒューアード)はMicrosoft Corporationのシニアデザインエンジニアで、過去9年間に渡ってWindowsのシステムレベル開発の分野で精力的に仕事をしてきた。Windowsの5回のリリース(Windows98以降)を通じて、彼は主としてサーバーとデスクトップ管理の分野の仕事をしてきた。彼は、製品の信頼性、堅牢性、安全性を保証するための仕事に多くの時間を割いている。

Daniel Pravat(ダニエル・プラバット)はMicrosoft Corporationのシニアデザインエンジニアで、複数のWindowsリリースで数種のWindowsコンポーネントのリリースに深く関わっている。Microsoftに入社する前は、電話サーバーとして機能するコンピュータのための電子通信ソフトウェアを開発していた。すべてのソフトウェアが信頼性、予測可能性、効率性を備えたものになることを目指している。
目次
序文
序章
謝辞
著者紹介

第1部 概観
 第1章 ツールの準備
 第2章 デバッガ入門
 第3章 デバッガの秘密
 第4章 シンボルとソースファイルの管理

第2部 応用デバッグ
 第5章 メモリ破壊パート1─スタック
 第6章 メモリ破壊パート2─ヒープ
 第7章 セキュリティ
 第8章 プロセス間通信
 第9章 リソースリーク
 第10章 同期

第3部 高度なトピック
 第11章 カスタムデバッガエクステンションの開発
 第12章 64ビットのデバッグ
 第13章 事後デバッグ
 第14章 パワーツール
 第15章 Windows Vistaの基礎

付録A Application Verifierのテスト設定
索引


戻る
©KADOKAWA CORPORATION 2015