ZFS
Amazon.co.jpで買う
詳細情報
ZFS
仮想化されたファイルシステムの徹底活用
長原宏治・佐藤通敏・今井悟志・加藤久慶
価格:3,024円 (本体2,800円)
発売日:2009年7月17日
形態:B5変 (240ページ)
付属品:CD-ROM1枚
ISBN:978-4-04-867654-0
内容
ディスクの追加・離脱に柔軟に追従し、RAID、スナップショットなどの機能が統合されたZFS。その先進的な概念から、本格的な業務に使える運用方法、技術資料までをまとめました。
担当編集者より
 コンピュータのさまざまな要素技術は、ハードウェアの物理的な制約から解放されて扱いやすくなるように「仮想化」されてきました。ZFSは、ストレージシステムの仮想化を一歩進めた近代的なファイルシステムです。
 ZFSを利用すると、ちょうどメモリを増設するような感覚で、運用中のシステムにディスクを追加することができます。また、RAIDやスナップショットなどの機能に加えて、代表的なファイル共有サービスとも密に連携しているのも、システム管理者には魅力でしょう。
 ZFSは、サン・マイクロシステムズ社によって開発されましたが、オープンソースソフトウェアとして公開されているので、FreeBSDやMac OS Xなどでも採用が進んでいます。
 本書では、ZFSの概念を解説したあとの最初の例として、付属のOpenSolaris 2009.06 Live CDを使用し、CIFS(Windowsファイル共有)ファイルサーバーの作成方法を紹介しています。また、iSCSIを介して他のシステムにZFSファイルシステムを供給する方法や、Linux HAクラスタやXenなどの仮想環境で利用する方法、大規模なバックアップシステムの実事例も取り上げました。
 データは日々増えるもの、ディスクはいつか壊れるもの。データの保管にココロをくだいているみなさん、本書でストレージシステムの次のステージへどうぞ!


戻る
©KADOKAWA CORPORATION 2014