おつまみ缶詰酒場
Amazon.co.jpで買う
書名
カラー版 うまい!酒の肴になる!
おつまみ缶詰酒場
内容
パカンとフタを開けるだけで、そこがあなたの「至福の酒場」。思わず飲みたくなるおつまみ缶詰めの世界をこってりとご紹介します。
パカンとフタを開けるだけで、そこがあなたの「至福の酒場」。日本全国、津津浦浦の呑ん兵衛の皆さんに捧げる厳選の「おつまみ缶」70種類。思わず飲みたくなるおつまみ缶詰めの世界をこってりとご紹介します。
著者
黒川勇人
1966年福島県生まれ。東洋大学文学部印度哲学科卒業。数年間会社員生活を送り、出版社勤務等を経てフリーライターとして独立。2004年6月に世界中の缶詰を紹介する「缶詰blog」(http://club-amigo.blog.ocn.ne.jp/blogcans/)を立ち上げ、TBS「はなまるマーケット」などテレビ、ラジオ、イベントで“缶詰博士”として活躍中。
担当編集者より
●缶詰博士、厳選のおつまみ缶詰70数種…
◇こっそり豪華に「金線たらばがに」でカニ脚をほおばる
◇斎藤茂吉が買い占めた「うな蒲」缶で熱燗を一杯
◇詰めの巧み技、厳選・小イワシのうま味を堪能「竹中オイルサーディン」
◇サバ缶の進化、高木商店「ねぎ鯖」シリーズの極上サバを堪能
◇煮汁に海のうま味が凝縮した缶「ツブ貝」のぷりぷり歯ごたえ
◇しゃきしゃきキャベツとサバ缶の驚きのアンサンブル
◇缶詰ならでは、おいしいとこ取りのアーティチョーク缶
◇コンビーフの軍艦焼きで威風堂々
◇ウニとアワビの豪華すまし汁、いちご煮を手軽に楽しむ
◇見た目の美しさも際立つムール貝缶で妄想旅行
◇無敵のアンチョビソースで温野菜とハイボールのうまうま
——「おつまみ缶詰」はそのままでうまい!
目次
はじめに
第1章 これがグレート「おつまみ缶詰」だ
第2章 オイルサーディン、アンチョビ 二大「おつまみ缶詰」の競演
第3章 缶詰キング、サバ缶があれば一生呑める
第4章 青春の缶詰呑みでグデングデン
第5章 おつまみ缶詰ワールドツアー
第6章  おつまみ缶詰ジャパンツアー
第7章  これはこれは、曲者「おつまみ缶詰」
第8章  「おつまみ缶詰」の知恵
あとがき
書誌情報
黒川勇人 著
関連サイト:
 ・缶詰Blog
定価:1,008円 (本体933円)
発売日:2009年11月10日
形態:新書 (168ページ)
ISBN:978-4-04-868050-9


戻る
  • 正誤FAQ追加情報
©KADOKAWA CORPORATION 2013