Web制作の現場で使う jQueryデザイン入門
Amazon.co.jpで買う
正誤情報
追加情報
詳細情報
Web制作の現場で使う jQueryデザイン入門
西畑一馬 著
関連サイト:
 ・ASCII.jp Web Professional
定価:3,596円 (本体3,330円)
発売日:2010年2月15日
形態:B5変 (344ページ)
付属品:リファレンスシート×1枚
ISBN:978-4-04-868411-8
内容
もうJavaScriptのコピペは卒業!そんなWebデザイナーに、初めてのjQuery本がついに誕生。すぐ使える実践サンプル(商用利用可)で、Web制作に必要なことだけを効率的に学習。特製チートシート付。
著者
西畑一馬
to-R代表、Webクリエイター。PHPによるシステム開発や、CMSを利用したWebサイト制作、SEO対策などのマーケティング、コンサルティング、Webクリエイター向けの講座などを行なっている。ブログ「to-R」(http://blog.webcreativepark.net/)ではJavaScriptやSEO対策、CSS、Movable TypeなどのWeb制作にかかわるさまざまな情報を発信。著書に「現場のプロから学ぶXHTML+CSS」(共著、毎日コミュニケーションズ刊)がある。
担当編集者より
「これだけWebサイトでjQueryが使われるようになっているのに、制作者向けのjQueryの解説書ってないよね」というのがこの本を企画したきっかけでした。jQueryプラグインは手軽で便利ですが、そもそものjQueryの使い方を分かっていないと、カスタマイズできない場合がほとんどです。クライアント(お客さん)からの要望(わがまま)によって、「また別のプラグイン(ライブラリー)を探さなきゃ」というケースも多々あると思います。「Webデザイナーさんが、動的なUIを自力で作れるようになったらもっとハッピーになれるはず」との想いからこの本は生まれました。
目次
第1章 jQueryをはじめる前の基礎知識
[1-1] jQueryとは
[1-2] jQueryを使うための準備
[Column-1] GoogleのサーバーでjQueryを使う
第2章 サンプルで学ぶjQueryのキホン
[2-1] jQueryの基本とセレクターの使い方
[2-2] HTML/CSSを操作しよう
[2-3]「イベント」でタイミングを設定しよう
[2-4] フォーム機能を使いこなそう
[2-5] Ajaxを使ってみよう
[2-6] アニメーション効果で動きを付けよう
[Column-2] jQueryと他のライブラリーの共存
第3章 現場で使えるデザインレシピ
[3-1] CSS3セレクターでストライプテーブル
[3-2] スライド式イメージギャラリー
[3-3] なめらかアコーディオンパネル
[3-4] ポータルサイト風タブパネル
[3-5] 個性的な3種類のツールチップ
[3-6] ロールオーバー付きナビゲーションバー
[3-7] 透過PNG対応ロールオーバー
[3-8] 多階層対応ドロップダウンメニュー
[3-9] Lightbox風モーダルウィンドウ
[3-10] ドラッグ&ドロップで動くフローティングウィンドウ
[3-11] バリデーション付きメールフォーム
[3-12] Amazon風カルーセルパネル
[3-13] Ajaxでスムーズページング
[Column-3] Firebugによるデバッグ
[Column-4] jQueryの高速化
第3章 現場で使えるデザインレシピ
[4-1] jQueryプラグインとは?
[4-2] 実務で使えるjQueryプラグイン
[Column-5] jQueryプラグインの自作


戻る
©KADOKAWA CORPORATION 2015