エキスパートPythonプログラミング
Amazon.co.jpで買う
正誤情報
詳細情報
エキスパートPythonプログラミング
Tarek Ziade 著、 稲田直哉、 渋川よしき、 清水川貴之、森本哲也 訳
定価:3,888円 (本体3,600円)
発売日:2010年5月31日
形態:B5変 (416ページ)
ISBN:978-4-04-868629-7
立ち読みPDF
内容
Pythonプログラミングにおけるデザイン、コーディング、ディストリビューションのベストプラクティス
Pythonの文法を一通り学び終えたプログラマのために、Pythonのより深いプログラミングテクニックを解説。単に「Pythonを知っている」状態から「Pythonをマスターする」ことができるでしょう。
著者
Tarek Ziadé
Tarekは、パリにあるIngeniwebのCTOで、Python、Zope、Plone技術と品質保証(QA)に関する仕事をしています。彼はZopeコミュニティに5年以上関わっており、Zopeのソースコードに対しても貢献しています。
TarekはフランスのPythonユーザーグループであるAfpyを創設し、Pythonに関する2冊の書籍をフランス語で執筆しています。彼はフランス語での発表やチュートリアルを数多く開催すると共に、Solutions Linux、PyCon、OSCON、EuroPythonなどの国際的なイベントでも発表しています。
これもオススメ
開発のプロが教える 標準Django完全解説
開発のプロが教える標準Plone完全解説
Google App Engineプログラミング入門
リファクタリング:Rubyエディション
目次
序文
日本語翻訳出版によせて
著者紹介
レビューア紹介
日本語版まえがき
翻訳者紹介
はじめに
第1章 さあ、はじめよう
1.1 Pythonのインストール
1.2 インタラクティブモード
1.3 setuptoolsのインストール
1.4 作業環境
1.5 まとめ
第2章 構文ベストプラクティス —— クラス以外
2.1 リスト内包表記
2.2 イテレータとジェネレータ
2.3 デコレータ
2.4 withとcontextlib
2.5 まとめ
第3章 構文ベストプラクティス —— クラスの世界
3.1 組み込み型のサブクラス化
3.2 スーパークラスからメソッドへのアクセス
3.3 ディスクリプタとプロパティ
3.4 スロット
3.5 メタプログラミング
3.6 まとめ
第4章 良い名前を選ぶ
4.1 PEP 8と命名規則のベストプラクティス
4.2 命名規則のスタイル
4.3 名前づけガイド
4.4 引数のベストプラクティス
4.5 クラス名
4.6 モジュール名とパッケージ名
4.7 APIの開発プロセス
4.8 役に立つツール
4.9 まとめ
第5章 パッケージを作る
5.1 すべてのパッケージに共通のパターン
5.2 テンプレートベースのアプローチ
5.3 パッケージのテンプレートを作る
5.4 開発サイクル
5.5 まとめ
第6章 アプリケーションを作る
6.1 Atomisator:導入
6.2 全体像
6.3 開発環境
6.4 パッケージを書く
6.5 Atomisatorを配布する
6.6 パッケージの依存関係
6.7 まとめ
第7章 zc.buildoutを使う
7.1 zc.buildoutの哲学
7.2 リリースと配布
7.3 まとめ
第8章 コードの管理
8.1 バージョン管理システム
8.2 継続的インテグレーション
8.3 まとめ
第9章 ライフサイクルの管理
9.1 複数のアプローチの比較
9.2 ライフサイクルを規定する
9.3 トラッキングシステムの設定
9.4 まとめ
第10章 プロジェクトのドキュメント作成
10.1 技術文書を書くための7つのルール
10.2 reStructuredText入門
10.3 ドキュメントの構築
10.4 自分自身のポートフォリオを構築する
10.5 まとめ
第11章 テスト駆動開発
11.1 テストをしていない人へ
11.2 テストをしている人へ
11.3 まとめ
第12章 最適化:一般原則とプロファイリングテクニック
12.1 3つのルール
12.2 最適化戦略
12.3 ボトルネックを見つける
12.4 まとめ
第13章 最適化:解法
13.1 複雑さを減らす
13.2 マルチスレッドを使う
13.3 マルチプロセス化
13.4 キャッシュ
13.5 まとめ
第14章 Pythonのためのデザインパターン
14.1 生成に関するパターン
14.2 構造に関するパターン
14.3 振る舞いに関するパターン
14.4 まとめ
付録A Unicode
A.1 バイト文字列とユニコード文字列
A.2 原則
A.3 現実の問題に対処する
A.4 Python 3
A.5 unicodedata
A.6 まとめ


戻る
©KADOKAWA CORPORATION 2015