Chef活用ガイド
Amazon.co.jpで買う
詳細情報
Chef活用ガイド
コードではじめる構成管理
クリエーションライン株式会社 監修、 澤登亨彦、樋口大輔 著
定価:4,212円 (本体3,900円)
発売日:2014年4月28日
形態:B5変 (672ページ)
ISBN:978-4-04-891985-2
内容
Infrastructure as Codeを実践しよう!
Chefを用いれば、ITサービスのインフラであるサーバの構築・運用をプログラミングを用いて柔軟に管理できるようになります。クラウド時代のサーバ管理者に必須のツールChefを身につけましょう。
著者
澤登亨彦、樋口大輔 著 クリエーションライン株式会社 監修
澤登亨彦(さわのぼり ゆきひこ、SAWANOBORI Yukihiko)
HiganWorks合同会社 業務執行社員。
SEとしてWindowsネットワークのサポート、Windowsサーバとオープンソース系のネットワーク・サーバエンジニアを経て、インターネットサービスの構築・デリバリーと運用自動化の支援をテーマに独立。
Chefに関する活動は、本家プロダクトへのコントリビュート、日本のコミュニティChef meetup Kansaiの主催などがある。

樋口大輔(ひぐち だいすけ、HIGUCHI Daisuke)
クリエーションライン株式会社 シニアエンジニア。
Linuxデスクトップ環境やホスティングサービスの開発・運用・調査業務を経て現職。
Chef Approved Contributorとしてbusser-serverspecやknife-sakuraの開発、公式ドキュメントの修正に携わる。
プライベートではDebian Project Official Developerとしてuimやmikutterのパッケージングを担当している。

クリエーションライン株式会社(CREATIONLINE,INC.)
2006年1月設立。クラウド基盤の設計・構築に関して数多くの実績を有しており、国内外の大手通信事業者、データセンター事業者、ゲーム会社などに対して、高度なクラウドインテグレーションサービスを提供する技術者集団。
これもオススメ
継続的デリバリー 信頼できるソフトウェアリリースのためのビルド・テスト・デプロイメントの自動化
Apache Maven 3クックブック Javaソフトウェア開発のための特選レシピ集
目次
第1部 Chefってなに?
第1章 Chefの概要
1.1 Chefとは
1.2 Chefの背景とInfrastructure as Codeの概念
第2章 Chefの利用形態
2.1 Chef-Server/Client構成
2.2 Chef-Solo
2.3 どちらの構成を採用するか
2.4 Chefの機能要素
2.5 Chef-Repo
第3章 Ohai
3.1 Ohai概要
3.2 Ohaiが収集するNode Attribute
3.3 Ohaiの活用
3.4 Ohaiリファレンス
第4章 Chef-Server
4.1 Chef-Serverの種類
4.2 Chef-Serverのコンポーネント
4.3 Chef-Serverの導入
4.4 Chef-Serverの設定
第5章 Chef-Client
5.1 Chef-Clientとは
5.2 Chef-Client主要オブジェクト解説
5.3 Chef-Clientの動作の流れ
5.4 Chef-Clientの導入
5.5 Chef-Clientの設定
5.6 Chef-Clientの実行
5.7 Chef-Clientの機能を拡張する
5.8 イベントディスパッチャ(Chef::EventDispatcher)
第6章 Workstation
6.1 WorkstationとKnife
6.2 Knifeの役割
6.3 Knifeのセットアップ
6.4 Knifeの設定
6.5 knifeコマンドラインの共通オプション
6.6 knifeサブコマンド
6.7 Knifeの基本操作
6.8 Knifeを使ったワークフロー
6.9 WorkstationからNodeを管理する
6.10 Knifeの拡張
6.11 独自のKnifeプラグインを作成する
第2部 もっと詳しく
第7章 Search API
7.1 問い合わせ書式
7.2 検索対象オブジェクト
7.3 問い合わせキー
7.4 問い合わせパターン
7.5 論理演算子
7.6 特殊文字の取り扱い
7.7 Partial Search
第8章 Data Bag
8.1 Data Bagの構成
8.2 Data Bagの作成
8.3 暗号化Data Bag
8.4 Data Bagの利用
第9章 Environment
9.1 Environmentの構成と基本要素
9.2 要素の詳細と記述例
9.3 Environment _defaultについて
9.4 EnvironmentをNodeに適用する
第10章 Role
10.1 Roleの構成と基本要素
10.2 要素の詳細と記述例
10.3 RoleをNodeに適用する
第11章 Cookbookの基本
11.1 Cookbookとは
11.2 Cookbookの基本要素一覧
11.3 Cookbook要素の読み込み順序
11.4 Recipe
11.5 Resource共通項目
11.6 Attribute
11.7 Recipe DSL
11.8 ResourceとProviderの関係
11.9 ディープマージ
第12章 他のCookbookコンポーネント
12.1 Cookbook Metadata
12.2 Cookbook Version
12.3 Cookbook File
12.4 Cookbook Template
12.5 Cookbook Library
12.6 Cookbook Definition
第13章 Lightweight Resources and Providers(LWRP)
13.2 LWRPの組み込み
13.3 簡単なLWRPを作成する
13.4 Lightweight Resource
13.5 Lightweight Provider
13.6 LWRPの活用と作成例
第14章 テスト
14.1 knife cookbook testサブコマンド
14.2 foodcritic
14.3 ChefSpec
14.4 test-kitchen
14.5 Cookbookを継続的インテグレーションする
第15章 Cookbookの管理ツール
15.1 Cookbook管理のアンチパターン
15.2 Berkshelf
15.3 Librarian-Chef
第16章 Chefの運用
16.1 Chefとシステム構築
16.2 Enterprise Chef Server有償アドオン
16.3 事例紹介
付録A Chef-ClientのEventDispatcherイベント一覧
付録B Chef公式LWRP
付録C ResourcesとProvidersの一覧
付録D IaaS系Knifeプラグイン


戻る
©KADOKAWA CORPORATION 2015