The Art of UNIX Programming
Amazon.co.jpで買う
詳細情報
The Art of UNIX Programming
Eric S.Raymond 著、長尾高弘 訳
関連サイト:
 ・Eric S. Raymond's Home Page
定価:6,264円 (本体5,800円)
発売日:2007年6月20日
形態:B5変 (560ページ)
ISBN:978-4-7561-4948-0
内容
Unixコミュニティが培ってきた文化・伝統・技を受け継ごう!
『ハッカーズ大辞典』の編纂者として、またオープンソース開発の優秀さを論理的に解明した論文『伽藍とバザール』の著者として知られるEric S.Raymondの新刊がついに登場です。UNIXの哲学からプログラミングの実際を楽しく学んでください。
著者
Eric S.Raymond

担当編集者より
Unixの暗黙知を明文化!

 本書はUnixの大御所の一人であるEric S. Raymondが書き下ろしたUnixプログラミングの入門書である。しかし、プログラミングの入門書といっても、本書にはほとんどソースコードが出てこないし、APIを用いたプログラミングの説明もない。では、いったい本書には何が書かれているのだろうか?
 本書には、Unixの専門家なら当然のように知っているが、明文化されてこなかった暗黙知が記されている。Unixのグルが弟子に口頭で伝えてきた知識が、はじめて本の形にまとめられたのである。
 本書を読むことで、Unixというオペレーティングシステムの背後にある思想、Unix的プログラミングの考え方が理解できるだろう。
 著者は、本書のことを「how-to本」ではなく「why-to本」だと述べている。ぜひ、Unixの「なぜそうするのか?」「なぜそうなっているのか?」を理解してほしい。
目次
序章
第1章 思想:大切なのは思想だ
第2章 歴史:2つの文化の物語
第3章 対比:Unix思想と他のOS
第4章 モジュール化:簡潔に、単純に
第5章 テキスト形式:優れたプロトコルが優れた実践を生む
第6章 透明性:光あれ
第7章 マルチプログラミング:プロセスを機能別に分割する
第8章 ミニ言語:歌いだす記法を探す
第9章 コード生成:高い水準で規定する
第10章 設定:気持ちよくスタートしよう
第11章 ユーザーインターフェイス:Unix環境におけるユーザーインターフェイス設計
第12章 最適化
第13章 複雑さ:できる限り単純に、それよりも単純でなく
第14章 言語:CすべきかCせざるべきか?
第15章 ツール:開発の戦略
第16章 再利用:やり直しを避けること
第17章 移植性:ソフトウェアの移植性と標準の維持
第18章 ドキュメント:Web中心の世界でコードの説明をする
第19章 オープンソース:新しいUnixコミュニティでのプログラミング
第20章 未来:危険と可能性
略語集
参考文献
寄稿者紹介
無根的根:不宇先生のUnix公案


戻る
©KADOKAWA CORPORATION 2015