UNIX MAGAZINE Classic with DVD
Amazon.co.jpで買う
詳細情報
UNIX MAGAZINE Classic with DVD
アスキー書籍編集部 編
価格:19,440円 (本体18,000円)
発売日:2007年9月18日
形態:B5 (192ページ)
付属品:DVD-ROM4枚
ISBN:978-4-7561-5008-0
内容
日本にUNIXが広まり、インターネット技術の基盤となり、身近な機器にまで浸透していった過程と技術の変遷を、DVDに収録したUNIX MAGAZINE 20年間の記事と、日本のパイオニアたちの解説記事で道案内します。
担当編集者より
 本書は、UNIX MAGAZINEの創刊号(1986年11月号)から2006年4月号までの記事を収録したアーカイブDVDと、執筆陣による新しい記事を収めた本を組み合わせたものです。
 20年間の記事を見ていると、1台のミニコンに多数の端末をつないで大勢のユーザーが共同利用していた時代から、1人1台のワークステーションを使う時代へ、さらにPC UNIXの普及という変化があり、ネットワークもUUCPによる接続からIP接続へ、そしてDNSやクラスレスアドレスの採用、世界で最初のインターネットワームで受けた衝撃、WWWの登場などを追うことができます。
 本のなかでは、DVDに収録されている記事からいまへの橋渡しとなるように、UNIXやインターネットに関連するさまざまな題材を取り上げています。雑誌の体裁をとっていますので、楽しいコラム記事もどうぞ。

○FAQ
1. PDFはDTPデータから作ったものですか?
残念ながら、1986年11月号から2003年12月号まではスキャナで誌面イメージからPDFを作成し、OCR処理をしています。OCRで拾えなかった文字もありますが、記事のタイトルや目次は校正しているので、検索はできるでしょう。2004年1月号以降はTeXによる組版データから作成しました。立ち読みコーナーのサンプルページを参考にしてください。

2. どうしてそうなったのですか?
DTPが普及していなかった初期のころは版下(紙の台紙に写植のテキストや図を貼り合わせたもの)で制作をしていましたし、中期は組版したデータを入稿したあとのフィルム段階での訂正を反映させることが難しく、確実に最終形をご覧いただけるように多くをスキャンすることにしました。

3. 記事は全部収録されていますか?
連絡がとれないなどで許可を得られなかった記事は収録していません。全体として99%以上の記事を収録しています。

4. 値段が高い!
ごめんなさい。大量にスキャンしたり、海外版権を再契約したり……などなどの事情でこの設定になりました。でも、新しい記事も読めますのでぜひ。

5. 広告も収録されていますか?
広告は新たに作った本のなかの「広告にみるUNIX」という記事で一部を紹介しています。記事より広告のほうがデータ量が多いということと、収録の許可をいただくのが難しいことから、DVDには記事のなかにあった1/2ページの広告で許可をいただけたものだけを収録しました。

6. 出版記念イベントは何かありますか?
2007年11月3日に東京で開催いたしました(http://www.ascii.co.jp/pb/unixmag-dvd/event/)。参加・視聴してくださったみまさま、どうもありがとうございました


戻る
©KADOKAWA CORPORATION 2013