iPodをつくった男 スティーブ・ジョブズの現場介入型ビジネス
Amazon.co.jpで買う
正誤情報
書名
iPodをつくった男 スティーブ・ジョブズの現場介入型ビジネス
ジャンル
Macintosh/ビジネス
内容
iPodやiPhoneで人気のアップル社CEOスティーブ・ジョブズのビジネス論。ビジネスマン必読の一冊
CEOの座に就いてもなお製品開発に情熱を注ぐスティーブ・ジョブズ。幾多の成功と失敗を繰り返し、波乱万丈の人生を歩んできた彼がつねに大切にしてきたのは、自分たちが最高だと思った製品を作ること——。自分の経営哲学に迷いが生じているすべての仕事人に捧ぐ、痛快ビジネスストーリー。
著者
大谷和利
1958年東京都生まれ。テクノロジージャーナリスト、私設マック・エバンジェリスト、原宿「アシストオン」アドバイザー、自称「路上写真家」など様々な顔を持つ。スティーブ・ジョブズ、ビル・ゲイツへのインタビューを含むコンピューター専門誌への執筆をはじめ、企業のデザイン部門の取材、製品企画のコンサルティングなどを行っている。著書に『スティーブ・ジョブズの再臨』(翻訳、毎日コミュニケーションズ)など。
目次
はじめに
第1章 スティーブ・ジョブズという男について

ジョブズの基礎知識
プレゼンの達人
歩く広告塔
ジョブズはスーパーエモーショナル!
最高のベータテスター
ナンバーワン・セールスマン
最強の策士
●スティーブ・ジョブズ語録「僕は手に入れられる最高の物が欲しいんだよ!」


第2章 アップル社の経営方針

自らが欲しいもの、好きな物を作ってきた歴史
裏プロジェクトの重要性
今も昔も変わらないアップル社の本質
転んでもただでは起きない技術のリサイクル
ライバルの規格も採り入れて業界標準に
納期を遅らせても仕様を優先する強さ
「秘密主義」の秘密
硬軟使い分けるスタッフ掌握術
ハードウェア、OS、アプリケーションサービスをすべて自社で開発・提供するメリット
キャンパスのような社風が生む新陳代謝
製品ラインを絞り込む決断ができる強み
●スティーブ・ジョブズ語録「これからは毎日会社に出てこの星で最も優秀な人間たちと働くことになる」


第3章 デザインの重要性

戦略的デザインを早くから実行
傷つきやすいこともデザインの一部
極上のユーザー体験を提供するパッケージの工夫
ユーザーに迷わせない製品訴求ポイントの明確化
ネーミングの魔術師
直営店で最高のショッピング体験を提供する
●スティーブ・ジョブズ語録「海軍に入るより海賊であれ!」

第4章 キャッチコピーから見るアップル社

Byte into an Apple
Soon there will be 2 kinds of people. Those who use computers, and those who use Apples.
Welcome, IBM. Seriously.
The Computer for the Rest of Us.
Changing the World, One Person at a Time
Think different.
1,000 songs in your pocket
Life is Random
●スティーブ・ジョブズ語録「僕が覗くのさ」


第5章 同じ過ちは繰り返さない

失敗その1 85年のジョブズ追放
失敗その2 マック互換機戦略
失敗その3 行き過ぎた理想主義が招いた迷機
失敗その4 曖昧な位置づけの新機種投入
失敗その5 外部企業との協業による製品開発
失敗その6 ユーザー体験を損ねる過度のシンプル化
●スティーブ・ジョブズ語録“One more thing”
書誌情報
大谷和利 著
定価:782円 (本体724円)
発売日:2008年1月11日
形態:新書 (192ページ)
ISBN:978-4-7561-5096-7


戻る
  • 正誤FAQ追加情報
©KADOKAWA CORPORATION 2013