Mac OS X 10.5 Leopard UNIX的システム構築
Amazon.co.jpで買う
正誤情報
詳細情報
Mac OS X 10.5 Leopard UNIX的システム構築
アスキー書籍編集部 編
定価:3,240円 (本体3,000円)
発売日:2008年3月4日
形態:B5変 (288ページ)
ISBN:978-4-7561-5116-2
内容
Mac OS X 10.5 Leopardの本当の実力を引き出すUNIX的超活用術。コマンド操作からサーバ構築まで俺流Leopardにカスタマイズできます。
目次
Part1 Mac OSXで学ぶUNIXの基礎
●UNIXって何?
・UNIXの生い立ち
・広がるUNIXの世界
・ライセンスにまつわる紆余曲折
・なぜUNIXなのか?
・なぜCUIなのか?
・使ってみてわかるUNIXのおもしろさ
●LeopardはUNIXだ
・Mac OS Xが公認UNIXになった日
・なぜ、Mac OSはUNIXベースになったのか
・もうひとつのMac OS X?
・Darwin
・なぜMacでUNIXなの?
・Mac OS Xのユーザー管理
・グループという考え方
●ターミナルとシェルを使いこなそう
・Mac OS XユーザーをUNIXの世界へ誘うターミナル
・ターミナルを使ってみよう
・ターミナルのさまざまな機能を使いこなす
・シェルの機能を使いこなす
・プロンプトをカスタマイズする
・シェルを変更する
●UNIXの基本コマンドをマスターする
・パスについて理解する
・コマンドは使って覚えよう
・ディレクトリの中の一覧を表示しよう
・ファイルやフォルダの所有者と権限
・管理者権限が必要な操作を行うには
・ファイルやフォルダの所有者を変更する
・ディレクトリを移動する
・ファイルの内容を閲覧する
・ファイルの文字コードを変換する
・ディレクトリやファイルを操作する
・ファイルの圧縮や展開
・ファイルの検索
・動作中のプロセスを確認する
・システムを再起動/終了する
・シンボリックリンク
・日付や時刻を知る
・わからないことはマニュアルで調べよう
●ターミナル用標準エディタ・nano
・ターミナル専用のテキストエディタ
●UNIXの標準エディタ・vi
・UNIX系OSを使うなら避けて通れない存在
・「モード」という概念
・viの起動と終了
・ファイルを編集してみよう
・さらに高度なviの使い方
・置換機能で文字を修正する
・コマンドのアンドゥ
●落ち穂拾い
・細かいことだが重要なこと
・どうしてコマンドを呼び出すことができるの?
・フォアグラウンド/バックグラウンド
・Mac OS X独自のコマンド
・Spotlightを利用したメタデータ検索

Part2 LeopardのUNIX環境を構築
●Mac OS Xのディレクトリ構成を知ろう
・Finderとターミナルから見える世界は違う
・UNIX系のディレクトリを知ろう
・/usrディレクトリについて
●Mac OS XでX Window Systemを使う
・X Windows Systemとは
・Mac OS XでもX Window Systemが使える
・X11の環境設定
●開発環境をインストールしよう
・Mac OS Xには開発環境が付属する
・Xcodeをインストールする
●簡単なプログラムやフリーソフトをコンパイルしてみる
・超基本のプログラムをコンパイルしてみよう
・フリーソフトをコンパイルしてみよう
●パワーユーザー向けエディタ・Emacs
・Emacsの基礎知識
・Emacsを使ってみよう
・付属のチュートリアルで勉強しよう
・Emacsの基本的な操作方法
・アプリケーション版のEmacsを使う
●FinkでUNIXアプリケーションを簡単インストール
・Finkとは何か
・Finkのインストール
・Finkの初期設定
・finkコマンドによるパッケージのインストール
・dselectによるパッケージのインストール
・apt-getによるパッケージのインストール
・FinkCommanderによるパッケージのインストール
●MacPortsでUNIXアプリケーションを簡単インストール
・後発ながらいち早くLeopardにも対応
・MacPortsのインストール
・MacPortsを使う前の下準備
・パッケージをインストールしよう
・portの管理
・activateとdeactivate
・似たもの同士の同居は危険!

Part3 Leopardのサーバ的運用法・基本編
●UNIXネットワークの基礎知識
・UNIXとMacはネットワークOSだ
・UNIX系OSでよく用いられるネットワーク関連用語
・IPアドレスについて知っておきたいこと
・UNIXネットワーク小技ツール
●Leopard標準サーバ機能
・Leopard Serverでなくでもサーバになる
・画面共有
・ファイル共有
・Web共有
・リモートログイン
・リモートマネージメント
●WebサーバApacheのカスタマイズ
・実は本格的なWebサーバ
・Apacheの起動と終了
・Apacheをカスタマイズしよう

Part4 Leopardのサーバ的運用法・達人編
●Webminで簡単サーバ管理
・Webminとはどんなものか
・Webminのインストール
・Webminの初期設定
・[Webmin]
・[システム]
・[サーバ]
・[ネットワーク]
・[Others]
・Webminの終了など
●LeopardでBlogサーバを作ろう。Movable Type編
・説明が不要なくらい普及したブログ
・データベース管理ソフトのインストール
・Movable Type用のデータベースを準備する
・PerlとMySQLを連携させるモジュールなどをインストールする
・Movable Typeのダウンロード
・Movable Typeのインストール
・Movable Typeの初期設定
・Blogを書いてみよう
●LeopardでBlogサーバを作ろう・WordPress編
・海外で高いシェアを誇る新興Blogシステム
・インストール前の準備
・非常に重要な準備
・WordPressのダウンロードとインストール
・ログインして記事を書いてみよう
●OpenPNEで自前SNSを作ろう
・話題のSNSが自分で作れる?
・OpenPNEのダウンロード
・OpenPNEのインストール
・OpenPNEを使うための各種設定
・データベースの作成
・セットアップモジュールを実行する
●XOOPS Cubeでコミュニティサービスを利用する
・XOOPS Cubeで何ができる?
・XOOPS Cubeをダウンロードする
・XOOPS Cube用のデータベースを作成する
・XOOPS Cubeのインストール
・XOOPS Cubeを使ってみよう

Part5 Intel Macで動作する仮想マシンソフト
●VMware Fusionで始める仮想マシン
・1台のパソコン上で2種類のOSを動かせる仮想マシン
・OSマニアの夢を叶える仮想マシン
・Mac OS Xで仮想マシン
・VMware Fusionで仮想マシンを楽しもう
●CentOSを仮想マシンとしてインストールしよう
・Linuxの基礎知識
・Linuxディストリビューションの選び方
・CentOSをダウンロードしよう
・新規仮想マシンの作成
・CentOSのインストール
・CentOSの初期設定
●VMware Fusionの使い方を理解しよう
・仮想マシンの詳細設定
・ディスプレイの解像度はOS側で変更
・デスクトップ環境を切り替える
・スナップショットをとる
●FreeBSDを仮想マシンにしてみよう
・FreeBSD基礎知識
・FreeBSDの入手とインストール
●Solarisを仮想マシンにしてみよう
・Solarisの基礎知識
・Solarisのダウンロードとインストール

Part6 Mac OS XでBoot Campを使ってみよう
●Boot Campとは
・Boot Campって何?
・Boot CampでUNIX系OSはインストールできるのか
●Boot Campの導入
・Mac OS X環境を残したままパーティション分割
・Boot Campに最適なブートマネージャー・rEFlt

Part7 Mac OS XとUNIXの連携
●Mac OS XとUNIXを連携して使う
・Macintoshとは別にUNIXマシンがある人向け
・コマンド操作はターミナルで
・ファイル転送の基本はFTP
・GUIでリモートアクセスならVNC

Column
・rootユーザーを有効にする
・[control]キーの位置にこだわるのもいいけど
・Carbon版Emacsを作る
・スマートフォンからMacに接続する
・LeopardとWindows Vistaのファイル共有
・非商用利用のみ無料の[VirtualBox]

索引


戻る
©KADOKAWA CORPORATION 2015