おおこづかいゲームブックタイトルイラスト
イラスト


イラスト

本書は、遊びながら自然と金銭感覚を養うことができるゲームブックです。 限られたおこづかいをやりくりし、文房具や日用品など必要なもの(ニーズ)を買い、おもちゃやお菓子など必ずしも必要ではないけど欲しいもの(ウォンツ)は、買うか買わないかを子どもに判断させます。
 おこづかい帳や預金通帳をつけながらゲームを進め、自分がいまいくらのお金を持っているかを把握し、上手な使い方を身につけることができるようになります。学校では教えない金銭感覚を、本書をもとにぜひ親子でたのしみながら行ってください。

アイテム

マップ
ゲームの基本的なやり方
アイテム
アイテム
1自分のコマを決め、ジャンケンで順番を決めます。
2順番にサイコロを振って、出た目の数だけ進みます。とまったマスの色のカードを引きます。

ピンクのマスに止まったら、ニーズカードを引きます。引いたカードに描かれている品物は必ず買わなければいけません。

ブルーのマスに止まったら、ウォンツカードを引きます。カードに書かれている品物は買っても買わなくてもいいです。

おこづかい(またはお年玉)のマスに止まったり、通過したときはおこづかい(またはお年玉)がもらえます。
3お金のやりとりをしたときは、おこづかい帳に記入する。品物を買ったとき、おこづかいをもらったときなど、その都度記入します。
4サイコロを振って、「★」の目が出たら、チャンスカードを引く!臨時のおこづかいがもらえたり、おとうさんやおかあさんのお手伝いをしたり、いろんなイベントが待っています。
5サイコロを振って、「?」の目が出たら、貯金をしたり、逆に貯金したお金を降ろしたりできます。
6最初に誰かがゴールしたら終了!
7手元に残ったお金や貯金したお金、購入したウォンツカードの品物の数などに応じてポイントを計算し、合計ポイントで競います。
* 以上のゲームの説明は、このホームページ用に手順を簡単にご説明したものです。詳しくは本をご参照ください。
page_top

ホームページへ戻る